「グリコ LIBERA ミルク」と「明治 おいしいoff まろやかミルク」を食べ比べたよ!

こんにちは、オタメシコです。
今回は、グリコから「LIBERA ミルク」と
明治「おいしいoff まろやかミルク」のご紹介です。
今回は食べ比べてみようと思います。

では早速。

グリコ LIBERA ミルク 参考価格130円
LIBERA.JPG
明治 おいしいoff まろやかミルク 参考価格130円
おいしいoff.JPG
明治からはあと、「おいしいoff 砂糖ゼロ」というのもあったのですが、
砂糖ゼロということで今回は除外。

●グリコ「LIBERAリベラ」一袋50g入り 262kcal
1センチの立方体のチョコレートが23粒入っていました。
手につかず食べやすくなっています。
味はちゃんと甘くてちょっぴりビター。
チョコレートカテゴリーで初の機能性表示食品となっています。
というのも、脂肪と糖の吸収を抑えるとされている
「難消化性デキストリン」という食物繊維が入っています。
あと甘さ成分としては水あめが入っています。

※難消化性デキストリンとは
トウモロコシのデンプンの中の難消化性成分を取り出して作った水溶性の食物繊維のこと。
つまりは、消化しにくい食物繊維。


●明治 「おいしいoff まろやかミルク」一袋33g入り 168kcal
少し大きめのチョコボールぐらいの大きさ。10粒入っていました。
コチラも手につかずつまみやすくなっています。
マルチトールを使用していて甘さはあり、普通のチョコレートと変わらない甘さ。
ただ、砂糖50%オフということで半分は砂糖の甘さです。

※マルチトールとは
キシリトールなどと同じ還元麦芽糖の一種で原料はトウモロコシやジャガイモのでんぷん。
甘さは砂糖の約80%位で、キシリトールのように清涼感は無い。
カロリーは1gあたり約2kcalで、砂糖の1gあたり約4kcalの半分。


ミルクの風味はコチラの方が上。よって美味しいと感じたのは「明治おいしいoff」。
「グリコLIBERAリベラ」の方は総量が多いのもありますが、カロリーが高め。

お値段はどちらも同じ。
買って食べるなら美味しくて一袋あたりカロリーが低い方を選ぶので
「明治おいしいoff」を選ぶかな。

ただ、どちらがどれだけ太りにくいかとか、健康にいいか、
などは個人差があると思われるので、
単純に味の好みで選ぶのが良いと思います。

ごちそうさまでした。


グリコ LIBERA ミルク 袋50g







明治 おいしいoff まろやかミルク 袋33g






この記事へのコメント